WEBブラウザと操作性

子供達に勉強を教えている際に度々WEBを利用しています インターネットのWEBブラウザの使い方では、操作性も非常に重要になります。マウスを動かすだけで、ブラウザの色々な動作ができるという機能もあります。覚えるまでは面倒ですが、覚えてしまうとマウスだけですべてができますので、非常に便利で、その機能があるかどうかでブラウザを選んでいる人もいます。操作性ということでは、サイトの中で早く移動できたり、外国のサイトを利用する機会も多いので、翻訳機能が使いやすいブラウザを選んだりもします。翻訳の場合には、まだまだ便利というところまでは行きませんが、だいたい意味が分かる程度には進化しています。推理パズルをしているような段階ですが、それもインターネットの面白さのひとつです。

WEBブラウザの場合には、たぶん今後はシンプル化ということが中心になり進んでいくのではないかとも予想できます。最終的には使っていることさえわからないほどのシンプルなブラウザが生まれてくるでしょうが、使いたい機能を瞬間的に呼び出せたり、目の前の空間にブラウザを呼び出して操作したりという方法などです。パソコンやスマホという端末が進化していくのですから、ブラウザも同じように進化していくでしょうが、その進化自体もエンターテイメントになり面白そうです。
Copyright (C)2019子供達に勉強を教えている際に度々WEBを利用しています.All rights reserved.