自分の家の災害危険度を確認できるWEBサービス

子供達に勉強を教えている際に度々WEBを利用しています 自分の家の災害危険度をわずかな時間で確認できるWEBサービスがあります。最近リリースされた研究センターが造ったシミュレーションマップは、震源地や規模、発生する季節や時間を設定して、想定される震度や被害状況、ライフラインの復旧状況などをシミュレーションし、図化して確認する事ができます。

設定すると震度、建物倒壊や火災などの確率や停電する日数、ガスの停止や断水の日数、下水道の支障日数が計算されて地図で示していきますが、最後に自分が知りたい場所の情報を知る事ができるようになっています。地図上でクリックすると、場所を指定できるようになっていて、自分の家を指定すれば震度や被災した後の生活状況の想定をする事ができます。

首都圏は18の震源が設定する事ができ、どこで起きるかで被害状況の想定が変わってきます。自分の任意の場所や深さに進言を設定し、シミュレーションを地図に表示する事ができます。過去の土地の状況を知る事によって危険を判断する事ができます。むかし池だった場所は地盤が弱いと想定する事ができ、崖がなくなっていたら大幅な事が起こったと想定する事ができます。地盤や土地の危険だけでなく、建物の耐震診断を確認できるサイトでは、築年数や材質、増改築の有無や窓の位置、建物の形状など簡易的ですが診断結果を出す事ができます。

比べてお得!

Copyright (C)2019子供達に勉強を教えている際に度々WEBを利用しています.All rights reserved.