WEBプログラマーにとって最も必要な3つのスキル

子供達に勉強を教えている際に度々WEBを利用しています WEBプログラマーとして仕事をしていくためには、基本的に次の3つのスキルを身に付けておく必要があります。1つ目はウェブページをプラウザ上で表示できるようにするために書き出す言語であるHTMLの知識と技術です。HTMLで記述することによって表を組んだり、画像を貼りつけたり、他のページへのリンク設定をしたり、文字の色や大きさを変えたりすることができるようになります。正にウェブページ作成の根幹となる分野と言えます。

2つ目がCSSです。これはHTMLと深く関係しており、文字のデザインやレイアウトなどの指定のために記述を行います。CSSを使用すればページごとのデザイン情報を一つのファイルにまとめて管理することができるので、変更や修正などのメンテナンスがとても容易になります。現在ではCSSによるデザイン作成は当たり前になってきているので、必ず身に付けておきたいスキルです。3つ目がジャバスクリプトです。これはプログラミング言語の一種ですが、ページ上のボタンをクリックすることによって画像を入れ替えたり、特定の箇所にカーソルを合わせることによって色を変更したりする機能を付加させることができます。その他にも様々なプログラミング言語の知識と書き出すスキルも求められますが、まずはこの3つの土台となるスキルを習得することが大切です。

比べてお得!

Copyright (C)2019子供達に勉強を教えている際に度々WEBを利用しています.All rights reserved.